MENU

1番効率いいのはどっち!?金剛筋シャツと鉄筋シャツの違い

 

 

着用するだけで脂肪が落ち、筋肉がアップするとされる加圧インナーはまさに男性にとって心強い味方。

 

数多くある加圧インナーの中でも、特に人気なのが金剛筋シャツと鉄筋シャツです。

 

 

名前もどこか似ている2つのアイテム。

 

実際のところ、金剛筋シャツと鉄筋シャツの違いはどんなところなのでしょうか?

 

2つのアイテムの違いを比較しつつ、1番効率よく肉体改造ができる加圧インナーを探っていきましょう!

 

 

鉄筋シャツの魅力とは?

 

加圧インナーの中で、人気を高めつつある鉄筋シャツ。

 

その魅力はなんと言っても、加圧プレスのパワー!

 

 

着用するだけで無意識運動状態へと導くので、今までダイエットや筋トレが持続しなかった人でも安心してチャレンジすることができます。

 

さらに、ゲルマ、チタン、ナノ銀といった燃焼成分と防臭成分が配合されているのも魅力的!

 

これらの成分が血流などの体内循環を促進し、脂肪を燃焼しやすい状態へと導いてくれます。

 

 

また、防臭成分がしっかり機能してくれるので、加圧トレーニング中の気になる臭いもブロック。

 

筋肉への負荷がかかることでいつもより汗をかきやすくなりますが、防臭成分のおかげで臭いは気になりません。

 

休日はもちろんのこと、ビジネスシーンでも着用できるのが嬉しい点です。

 

 

アスリート仕様の加圧パワー!金剛筋シャツの魅力とは?

 

鉄筋シャツがスパンデックス繊維を使用しているのに対し、金剛筋シャツは高級スパンデックス繊維を使用しています。

 

つまり、この時点で金剛筋シャツは鉄筋シャツよりも素材にこだわっていることがわかりますよね。

 

 

しかもこの高級スパンデックス繊維、体へのフィット感が高いことで有名!

 

メタボな体型を引き締めるだけでなく、加圧トレーニングによって引き締まった体にも使いまわせるという魅力があります。

 

長期間の着用を目的に作られているからこそ、着心地の良さも抜群。

 

 

また、消臭成分にはアモルデンを使用していることから、トレーニング中の汗臭さを改善してくれます。

 

清潔感を保ちながら加圧トレーニングをすることができるので、周囲への影響を気にせずに済むのが嬉しいですね。

 

 

金剛筋シャツには伸張バンドが搭載されているため、着用していると姿勢が良くなるという嬉しいメリットも!

 

腹筋を鍛えるだけでなく、姿勢矯正効果もあるのは加圧インナーというのを抜きにしても魅力的です。

 

背筋が伸びて腹筋が割れた魅力的な体を手に入れたいのであれば、金剛筋シャツはまさにうってつけの存在と言えましょう。

 

 

金剛筋シャツと鉄筋シャツの一番の違いは?

 

加圧によってもたらされる効果や、筋肉への作用もどこか似通う2つのアイテム。

 

しかし、決定的な違いが一つあります。

 

 

それは、加圧インナー1枚あたりの値段。

 

金剛筋シャツが1枚3,980円なのに対し、鉄筋シャツは1枚2,980円となっています。

 

 

実質、鉄筋シャツのほうが1,000円安いという結果になりました。

 

ですが、金剛筋シャツは鉄筋シャツよりもグレードの高い素材を使用しています。

 

また、元々アスリートのトレーニング力を底上げするために開発された金剛筋シャツのほうが、少々値が張ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

 

 

金剛筋シャツと鉄筋シャツの一番の違いは、値段。

 

次点で、使用するユーザー層の違いというのも明確になりました。

 

 

値段こそ鉄筋シャツの上を行く金剛筋シャツですが、肉体へのアプローチの仕方や効果の多様さもまた他の加圧インナーより群を抜いています。

 

従来の加圧インナーでは満足できなかった人でも、満足のいく効果が得られると期待しても良いでしょう。

 

 

手軽に加圧トレーニングをしたい人は鉄筋シャツを試していて、本格的に肉体改造に臨みたい人は金剛筋シャツを選んでいます。

 

また、スパンデックス繊維を使用している鉄筋シャツに対し、金剛筋シャツは高級スパンデックス繊維を使用しているので着心地の良さは抜群!

 

 

加圧インナーで魅力的な体を手に入れるためには、毎日しっかりと着用することが重要なポイントとなってきます。

 

どうせなら着心地の良さを考え、ストレスフリーな状態で加圧トレーニングしたいものですよね。

 

 

着心地の良さや体への多様なアプローチ面からすると、金剛筋シャツのほうが一歩先をいく存在と言えそうです。

 

効率よく肉体改造をしていくために、金剛筋シャツを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

⇒金剛筋シャツの公式サイトはこちらから


このページの先頭へ